せどりでもアフィリでもどっちでもいい。これを知らないと稼げない!

どうも、としです。

ネットビジネスをやりたいと言う人が疑問に持つのが
『せどりかアフィリエイト』かっていう疑問。

 

これって僕もネットビジネスをやり始めの頃には悩んでいて
結果として今はせどりを生活の収入源としてやっています。

「せどりは儲かりますか?」とか
「せどりって簡単なんですか?」とか聞かれても困るんですが。

 

こんな感じでネットビジネスはせどりがいいとか
大きく稼ぎたいならアフィリエイトがオススメとか

正直ナンセンスでしかないです。

だから昔の僕も「何を言ってんだ」って感じで

 

結局ネットビジネスって
『ネットを活用したビジネス』のこと

というかビジネスってもっともっと広い

「せどりだ」
「アフィリエイトだ」
「情報発信だ」

ってそんなもんで収まりきりません。

 

どんなビジネスだってちゃんとしたやり方でやれば儲かる。
でもそれ以前に思考がついてる必要がありますね。

 

せどりがいいのか、アフィリエイトがいいのかって

どっちでもいいというかそれだけじゃないんです。
もっともっと視野を広げてみてほしいです。

(と以前の自分にも言いたい)

 

自分の今の現状を把握して
そこから目標に行くために必要な方法を決める。

この前言った言葉ですね。

 

『知識は行動し経験となり
経験は思考の流れとなり
思考の流れは哲学を構成し
方法論を把握することができ
自分の現状と目標を定めることができ
そこにたどり着くためのアイデアが浮かぶ』

 

だから知識は最低限必要で
なおかつそこから思考を身につけることが必須。

 

例えば

ネットビジネスにはせどりっていうものがあるから
「仕事を辞めたいからせどりで月に30万円以上の利益をだすぞ!」

っていうんじゃなくて

 

せどりっていうものはこういうビジネスだっていう知識を身につけて

こうすればこうなるなって頭で行動して経験にする。

その経験でもう成功させてしまう。
「投資金額を利回り何%で回せばいくら利益が出るから
●●円資金があればいいな」

これが思考の流れとなる。

 

この思考によって

せどりって資金を回転させて利幅をとっていくもの
だから仕入れをするのが必要不可欠で労働をするビジネスなんだな。

資金を回していけばある程度までは稼げるが
資金のないうちは利益率を高めることが必要だな。

というせどりの哲学が構成される。

 

そうしたら現状では資金としてクレジット枠が30万円しかない
という自分の現在地を明確にすることができて

それならまずは働いているうちにクレジット枠を増やして
100万ほどまで資金を確保する。

そしてその資金を利益率30%だから
利益率がかなり高めのものを仕入れていく必要があるな

という方法論が生まれてくる。

 

そこから今主流の新品家電では厳しいから
中古のニッチな商品を狙っていく必要があるかとか
労働時間は増えるが中古本をやっていくかとか

目標を達成するためのアイデアが浮かんでくる。

 

せどりでもアフィリエイトでもなんでもよくて

でも自分の目標にたどり着きたいなら
知識を身につけて思考を手に入れなければいけないんです。

 

正直なところなんだって稼ぐことはできます。

稼いでいる人がいるんだから
そこからアイデアさえあればできます。

 

だからせどりがいいか、アフィリエイトがいいかって

その質問の答えは

「どっちでもいい」

でもその質問をするなら
まず必要なことをやろうねって。

 

知識とか思考とかってすごい地味

「1ヶ月で50万円稼げます!」

これはすごい魅力的ですよね。
僕もこれはすごいってやっていました。

 

でも今考えると・・・
「なんだかな」って感じです。

こういうふうに思えるから少しずつ成長してるのかなって思います。

 

では今日はこのへんで^^

本せどりの現状〜2019年版〜

『本せどりって今年もできますか?』

そんな質問が来たので動画と文章でまとめました。

【本せどりの現状】2019年版〜直近の僕の仕入れ状況なども紹介〜

2019.01.13