悪魔のおにぎりの味は美味しいのか?そこよりも僕が気になるのはここ!

こんにちは。

なんだか『悪魔のおにぎり』というものが発売されたみたいですね。

 

ごはん・天かす・天つゆ・青のり

 

この4つにて構成されるおにぎり!

という高カロリーな感じで

そりゃうまいよねというおにぎりですね。

 

実際は『悪魔』というほどの美味しさではなくむしろそこまでインパクトがない。らしい。

僕は食べていないんです。

 

お店に置いてなかったんですよ。

売り切れ。

 

ということでまた明日それはリベンジしてくるとして…。

 

そんなことよりも気になるのはこっち。

『ネーミング』

 

というのも、

僕は個人でビジネスをして生活をしています。

 

こうやってブログを書いていたり文章で商品を販売したりしています。

自分でマーケティング戦略を考えて商品を販売することもあるんですね。

 

だからこそこのマーケティングに対して「うまいなー」と思うわけです。

そしてこの話を奥さんにしたら「職業病だね(はぁ…)」とあきれられましたww

ということで奥さんは聞いてくれないので、この場で僕が考えたことをつらつらと書いていきます!

コンビニのマーケティング

コンビニとかってめちゃくちゃ新商品が出て来ますよね。

悪魔のおにぎりのようにめちゃくちゃヒットする商品もあれば、全く人気のない商品もある。

 

例えばコーヒーと一緒に買うだろうと予想されて販売されたドーナツはあんまり売れないですよね。

ちなみにコーヒーは大成功ですね。

僕も大好きで一時期めちゃくちゃ飲んでいました。

ただ今は家になかなかいいエスプレッソマシンを導入したんで、ほとんど使っていない。

ちなみにこれ。

最初飲んだ時にめちゃくちゃうますぎて衝撃を受けた。

ちょっと値段はするんですが超コスパいいです。

コンビニで飲むと1杯100円はするんですが、これだと30円くらいなんで家から出かけるときは象印のタンブラーに入れて大切に持っていきますww

 

というか最近ほとんど家から出ないんで関係ないですが。

 

という感じで僕はコーヒーが好きです。

こうやってなかなか高くても家に置くエスプレッソマシンを買うくらい好きです。

 

でっ、こういう人がたくさんいる。

ここから考えてもコーヒーの市場規模がめちゃくちゃでかいの分かりますよね。

そこに目をつけたわけですよね。

 

でもコーヒーといえばあちこちにカフェが乱立している。

最近はやたら増えましたね。

 

だけどこういうカフェに行く層とコンビニに行く層が違うわけです。

だからコンビニにコーヒーを置くことでシェアを奪い合うのではなく、コーヒーは飲むけどカフェに行ってまでではないという潜在顧客を新規顧客として獲得できたわけです。

 

という感じのことが書いてあるんだが、絶対結果論だろと思ったんですよね。

たまたまコンビニに来ていたお客さんの中にこういう潜在顧客が多くいたんだろと思うんです。

 

 

だってもしこうやって誰が買うかを考えていたらドーナツなんて販売しないだろうと。

 

 

というのもドーナツって誰が買うん?

僕はかれこれコンビニでコーヒーを100杯くらい飲んでますが…。

(今書いててコーヒーに1万も出してることに気づいたww)

 

ドーナツ買ったことない。

ドーナツ買うくらいならパン買う。

 

パンがなければおにぎりを食べればいい。

おにぎりがないなら…しらん!

 

だって腹減ってんだもん。

『俺が食べたいのはおやつじゃないんだ主食なんだ!』

という感じ。

 

でっ、おそらくコンビニでコーヒー買う層ってこっちが多い。

 

タバコを吸いたくてそのお供にコーヒーを買いたい人。

→ドーナツ買いません。

 

お腹が空いていて食後のコーヒーを買う人

→お弁当を買います。

 



→パンを買いますww

 

誰がドーナツ買うん?

 

最初って肉まんと同じような感じでレジ横でドーナツが売られていましたよね。

 

あの注文って微妙にしにくいなと思うのは僕だけじゃないはず。

あんなにハードルあげて誰が買うの?

 

という感じでそりゃ売れないよねと思うわけです。

 

こうやって『誰』っていうターゲットを考えればおのずと「ドーナツはないな…」という考えになるんですよね。

こう考えるとコーヒーもたまたま当たったんじゃないの?と思ってしまう。

まぁそんなことはいいとして、こうやってコンビニも売るためにマーケティングを色々考えているわけですね。

悪魔のおにぎりのマーケティング

でっ、この『悪魔のおにぎり』です!

 

このネーミングセンス!

今の世の中SNSが広がりすぎていて、どこかで話題になれば一気に口コミで広がりますよね。

まぁ炎上もこの1つですね。

 

じゃあSNSをやっている人をターゲットにできれば最高なわけですね。

基本は学生ですよね。

「なんだこれ!めっちゃウケる!」

と言いつつインスタやツイッターであげる。

 

でっ、面白がって他の人も買う。

「俺も食べたぜ!」

という感じでまた投稿。

 

そして口コミであれよあれよという間に広がる。

でっ、食べたいと思いつつもおにぎりがそんなに大量にあるわけないから希少性が増す。

 

なんかすごい商品みたいになる。

 

結果売れる。

 

そこから本当に病みつきになるくらい美味しいなら商品化。

逆にネット上の反応が微妙なら定期的にゲリラ販売。

 

例えばもし来週に悪魔のおにぎりがなくなっていて

3ヶ月後に

『あいつが再び襲来。1週間限定でコンビニに悪魔が降臨する』

みたいなキャッチコピーで販売したら、また話題になる。

 

ローソンさん使ってくださいww

 

まぁただこれできても2〜3回くらいで飽きられるだろうけど、開発コストくらいは回収できんじゃないのと思うんですよね。

とまぁ今回天かすのおにぎりなので、新発売『天かすおにぎり』と販売してもあんまり食いつきが良くないんじゃないかなと思うんですね。

 

だけど悪魔のおにぎりというネーミングを使うことで「食べてみるか」という欲求をうむことができたわけですよね。

 

美味しい商品なんて世の中探せばゴロゴロある。

それこそ天かすおにぎりなんかコンビニで食べなくとも、家で簡単に食べることができる。

 

じゃあなんで食べるって…。

ただただ話題になっているから。

 

だって天かすのおにぎりなんていらんでしょ。(結論)

マーケティングってなんでもそう

これってなんでもそうなんですよね。

 

例えば服もそうですよね。

「どうしてこんなのが今年は流行ってんの?」と思うことないですか?

正直ダサいと思うときないですか?

 

これって別に普通のことなんですよ。

だって流行っているのではなくて、流行らせているだけなんだから。

 

今売れている女優が「最近は〇〇に〇〇を合わせているんです」とか言っていたら、その組み合わせがいいように思うかもしれないじゃないですか。

『サンダルにソックスを合わせる』

こんなん一時トレンドになっていましたよね。

 

はっきり言わせてもらおう。

 

お前は田舎のじーちゃんか!

 

もし田舎のおじいちゃんいたらごめんなさい。

うちの実家の近くのじーちゃんがこのスタイルだったのでサンダル靴下を見るとそれにしか見えないんです。

 

とまぁ普通に考えたらおかしいことでも

『トレンドだから』

『時代の最先端』

『あの有名モデルがやっている』

『今年の最新コーデ』

こんなこと言われるとやりたくなるわけです。

 

でもただそれ情報操作されているだけだからね。

 

今回だって別に「天かすおにぎり」を食べたいわけではない。

「悪魔のおにぎり」を食べたんだという事実が欲しい。

 

今回だから「天かすおにぎり」では売れなかったと思うんですね。

いや、待てよ。

 

天かす自体がおにぎりの具材としては稀だから売れるか?

まぁ悪魔のおにぎりよりは話題にならなかったでしょうね。

 

もっとやるなら『悪魔のおにぎり(改)』みたいにして、

天かす・天つゆ・青のり・(なんか)

にしたら面白そう。

 

より高カロリー!

より濃い味!

より体に悪い感じ!

 

ちょっとローソン行って交渉して来ます!

 

まぁなんて冗談はさておき…。

結局マーケティングなんだとしみじみ思う

今回結局マーケティングが良かったから売れたっていう話なんですよね。

でっ、おそらくもっと上手くやればもっと売れているのだろうと思うわけです。

 

その中でも最も重要なのが『誰に』という部分。

結局コンビニに来ている層と今回の企画がぴったりマッチしたという話なわけですよね。

 

だから売れた。

 

ちなみにこのブログは仕事を辞めたい人向けに書いています。

 

仕事を辞めたい…。

でも普通は辞められるわけないんですよ。

 

だって生活できなくなるから。

 

じゃあそうなったときにどうするって自分で稼げばいい。

僕はそういうことをブログに書いています。

 

稼ぐって難しいと思います。

ただこれって何にも知らないから。

 

『パピヨット』作ってくれと言われてわかる人いないですよね。

僕も知らなかったです。

 

でもこれってフランス料理の1つで日本でいう包み焼きのこと。

 

パピヨット作ってください。

 

もう作れますよね。

自分で稼ぐってのもこんなもんです。

 

やり方知って、それを実行する。

だから稼げる。

 

その中でも僕はあるビジネスが最初には一番いいと思っています。

メルマガから登録すると僕がやっているビジネスの詳細が送られて来ます。

 

もし『自分の力で稼ぎたい!』ということに興味がある方は登録してみてくださいね。

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント