本せどりは電脳でできるのか?電脳なら他のことやるのがいいかも

今日は電脳せどりという話題。

家にいてできるしクリックするだけだし、電脳でせどりができたらめっちゃいいですよね。

 

と思っていた時期が僕にもありました。

 

そして家電せどりを始めたのです、稼げなくはないけどストレスが半端なくてやめました。

今は家電の出品規制があまりにも厳しいから続けてなくてよかったと思いますね。

 

でっ、

この本せどりは電脳でできるのかということなんですが、結論から言ってしまえば「ちょっと厳しい」という感じです。

 

というか電脳でやると本せどりのせっかくのメリットが消えてしまうというね。

基本は店舗仕入れ、プラスアルファで電脳ならいいけど。

しっかり店舗やっていると電脳は割りが合わなくてやめると思う。

 

ただ僕が使っている検索ツールだとかなり効率よく電脳でも検索できるので、それなら少しやってもいいかなと思っています。

それでも店舗の方が割りがいいのは確かです。

 

という感じで結論は『ちょっと厳しい』なんですが、なぜ厳しいのかという部分について掘り下げていきますね。

電脳せどりはレバレッジが大切!

ネットビジネスをやっていると嫌でも耳に(目に?)入ってくる言葉。

 

レバレッジ

 

「小さい力で大きな結果を残そうぜ!」ってことなんですが、最初レバレッジもクソもない。

 

確かにレバレッジってめちゃくちゃ重要なことだと思うんですね。

こういうブログとか僕のyoutubeとかもレバレッジがかかる。

 

1つ記事を書けば多くの方が見てくれる。

ありがたや、ありがたや。

 

なんですが、最初こんなこと考えててもしょうがない。

 

最初なんて100やって、やっと1の成果が出ればいい。

その1の成果が積み重なってやっと100になっていく。

 

そんなもんですよ。

 

電脳せどりのレバレッジって、商品知識がつくとか、同じ商品をリピートできるとか。

新品だったら1つ商品見つけたら、その商品を何個も買って利益を出せるとか。

 

でもよく考えて欲しいのが中古関係なくね?

 

特に本とかマジで商品知識とか皆無でOK。

 

僕はもう3年ほど本せどりをやっているのでなんとなく仕入れられる商品はわかる。

だけどその商品って1ヶ月も経てば仕入れられない商品になる。

 

これレバレッジ関係なくね”?

 

ということでまず電脳せどりの重要なレバレッジは本には活用できないんですね。

電脳せどりの検索スピード

もう1つ重要なことは電脳せどりは検索スピードが本の場合は超遅い。

 

確かに家電なんかの場合だとAmazonの値段確認して、モノレート見てなんてやるので、パソコンの方が早いです。

 

だけど本せどりの場合はツールをフル活用するので店舗だと1時間で4000冊とか検索かけることができます。

実は僕の使っているツールはそれよりも早いスピードであるネットの店舗から検索をかけられるんですが、まぁそこまで仕入れられない。

 

店舗だと80冊に1冊くらいは仕入れることができるけど、ネットだと500冊に1冊とかそのレベル。

 

プラスアルファくらいならいいけど、そこまで重点的にやるもんじゃないなというのが正直な感想。

 

家電の場合なんかだと1商品10秒で検索するとしたって1分で6商品。

1時間で360商品しかリサーチできないわけです。

 

家電の場合はこれでOKだと思うんですね。

というのも1つあたりで取れる金額もでかいし、何より商品の絶対数が少ない。

 

頑張れば1日とかで色々なオンライン店舗の商品を調べることができます。

 

だけど本は絶対数が多すぎて無理です。

なので結局本せどりをやる場合には店舗をしっかりやって、プラスアルファで電脳をやるくらいが一番ちょうどいいという結論です。

 

ただ電脳やるくらいなら他のことやればいいんじゃねと思ってしまいます。

 

例えばアフィリエイトやったっていいし、たくさん読書したっていい。

単純に好きなことやったっていいし、お金を稼ぐなら「むしろバイト行った方がいいんじゃね」とまで思う。

ちなみにこれは1冊1冊くそまじめに検索かける場合です。

 

ツールを使ってがっつり検索をかけるならちょっとやるのはOK。

だけどツールも使わずに必死になるのはマジで時間の無駄だと思っています。

 

という感じで本せどりの電脳せどり事情なんですが、電脳せどりという部分についてもう少し掘り下げていきますね。

電脳せどりの巷の情報

電脳せどりってどんな感じなのかなーと調べて見たのですが、なかなかえげつない情報がありますね。

 

利益で1000万円とか書いてあった。

えげつないですね。

 

別にこれが嘘とは思わないんですが、むしろこういう人がいるから電脳せどりって厳しんじゃないかなと思うんです。

 

というのも…

例えば利益で5000円出る商品って見つけるのってそこそこ大変だと思うんですね。

だけどないわけじゃない。

 

普通にあるわけです。

こういう商品がもし仮に月に100万商品とか売れているとすれば、電脳せどりだけで50億の利益が出る市場規模になっているわけですよね。

なんとなく稼げそうな気がしますよね。

 

だけど電脳せどりって良くも悪くも始めるハードルがめちゃくちゃ低い。

本せどりと違って初期投資をしなくても始められる。

 

まぁツールを導入した方がもちろん稼げる金額は大きくなるんでしょうが、そうじゃなくてもやるだけなら特に初期投資いらない。

 

じゃあ現段階で仮に1万人くらい電脳せどりで稼げている人がいる。

パレートの法則じゃないけどだいたい上位20%の人間で80%の利益は持っていっているだろうから…。

 

上位2000人の収入→40億を分配

残りの8000人→10億をどうにか自分のところの利益にしようと躍起になる

平均したら12.5万円という金額になる。

 

上位20%に入ることができれば、確かにそれなりの利益を出すことができる。

だけどこれ始めたばっかりの初心者稼げる?

 

数字は全く根拠ないけど、あながち間違っていないんじゃないかなと勝手に思っています。

上位に入るには何が必要?

じゃあ上位に入ればいいと思うんですけど、これってそう簡単じゃないはずなんですね。

 

僕も今までこうやってせどりという業界で稼ぎ続けていられるのは『ツール』の恩恵がでかいんです。

でかいというとツールありきだと思っています。

 

でっ、おそらくこういう上位の人たちって何かしらのツールを使っているはずなんですね。

 

例えばメルカリやヤフオクにはアラート機能って言って、自分が設定した検索条件に引っかかる商品が出品されたら通知が来るものがあります。

これはみんな使えるものです。

 

じゃあここから一歩先に進んで、そのアラートと同時に購入することができる

というかむしろ出品と同時に設定条件に引っかかったら購入するツール。

 

こんなのがあるかもしれない。

 

こんなの使われたら一般の人がいくら頑張ったって勝てるわけない。

 

これがあるかどうかは知らないけど少なからずこういうツールはあると思っています。

電脳せどりっていうのはそういうもののはずなんです。

本せどりの場合は?

じゃあ本の場合はどうなのかというと。

何回も話しているけど、よくも悪くも電脳のメリットがほとんどないです。

 

ある程度労働が必要だからこそ、レバレッジが効かない。

レバレッジが効かないので1人あたりが稼げる金額に限界がきます。

 

ツールを持っている人には労働に対して利益が出せる。

市場規模が1億だとして200人で50万ずつ稼ぐみたいなことになるわけですね。

 

このツールが必要だからこそ初期投資が必要なので、超新規参入のハードルが高いです。

ちなみに僕が稼げているのってこういうツールを使えているからです。

 

他のツールを使っていたら稼げていないです。

そのくらいツールって重要です。

 

 

労働が必要だからトップが全ての利益を持っていくというのは物理的に不可能。

 

やるとしたら組織化して全国に自分達だけのせどりチームを作るとかかなと思います?

 

だけどこれって手間かかりすぎます。

んなことやるなら他のことやっていた方がいいというのが結論になるんですね。

 

だからまぁ自分に近しい人たちだけで「うはうはしようぜ」っていうのが僕が使っているツールを作っている先生の考えなんですね。

 

ただあまりにも増えすぎても困るんで、一応メルマガだけの案内にしています。

 

もし本せどりをやって稼ぎたいという方はメルマガの登録を!

 

という感じで電脳せどりの話から、まさかのツールの話になってしまいましたねww

 

でもこうやって利ざやを取るビジネスって数字っていうデータがあるから、それの処理能力ってツールに勝てないんですよね。

 

だから結局ツール持ったもん勝ちということになる。

こういうのも知らなきゃ使えないから、ネットの世界って知ったもん勝ちだなと常々思いますね。

 

なんて感じで長くなってしまいましたが、ツールの案内はメルマガ内だけなので本せどりをやりたいという方は下から登録してもらえればと思います。

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント