Amazonで食品の出品許可申請の方法はある?規制が厳しく無理か!?

どうも、としです。

今更感がある内容になるんですが、
いまだに話題になっていることについて

今日はちょっと話そうかと思っています。

それがこれ

『食品の出品許可申請』

1年前くらいはかなり簡単に申請が通ったんですが、
どんどん厳しくなって今では「無理じゃね?」くらいになっていますね。

そんなAmazonの食品の出品許可申請の話です。

出品の許可申請が必要で起こったアホな話

Amazonの出品許可申請って厳しいですよね。

これはちょっと食品とは違うときの話なんだけど、
一時期本以外のものを仕入れていた時に

めちゃくちゃランキングが良くて、
しかもそれなりに利益が出る商品を見つけたんですよ。

でっ

「よっしゃ!FBAいないし仕入れだ!」

なんて思って、馬鹿みたいに10個以上仕入れたんですよ。

 

ネットで買ったんで数日後家に届いて、
出品しようとしたら

「出品制限が適用されます」

・・・( ;´Д`)

なにこれ?

という感じになって躍起になって出品許可取ろうとしましたよね。

結局許可できなかったですけどね。

だからいっぱい家に置いてあるというねww

 

もうダンボールに入れて、見て見ぬ振りですよね。

 

まぁ今思えばドラッグカテゴリーなんで当たり前なんですけどね。

僕もアホだからその時初めて出品できないカテゴリーがあることを知ったんですよね。

 

その時は納品書とかをAmazonに送ると通る時があったんで、
粘ったらもしかしたら通ったかもしれないんですが、

今はちょっと違うようですね。

食品の出品許可はできるのか?

一応僕がアホなことをやったのはドラッグカテゴリーだけど、
食品でも同じようになっているようですね。

僕がやっていた時は食品カテゴリーって結構楽に許可申請できたらしいんですよね。

許可申請してないんで「らしい」としか言えないんですけど。

 

今はほぼほぼ個人では無理だということですね。

だって卸業者の納品書が必要だっていうことですよね。

しかもロットで買っているやつ。

 

できるわけないじゃないか。

いや、できないこともないけど
そこまでして許可する必要があるかという感じです。

 

許可されたら仕入れの幅が広がるからとか

大変になっているからこそやれば独占できるかいうけど。

 

卸でロット購入って・・・

なんか思うのがここまで規模を大きくするんだったら
もう独自でネットショップ立ち上げた方がいいんじゃないかと思ってしまうんですよね。

元も子もないことを言うけど

ここまで話してきて元も子もないことを言うと。

出品許可申請とかいらなくね?って僕は思うんですよね。

確かに全ての商品が申請しなくちゃいけなくなったら
申請する必要がありますけどね。

というかそうなったらおそらくAmazon使わないな。

個人の販売がなくなったら、
出品者が激減するからAmazonは

今ほど影響力なくなるな。

とっ、考えると基本的な商品については
出品の許可なんて今後もいらないわけですよね。

その許可がいらないものだけでもある程度稼げるんだから
それでいいんじゃないかという感じがします。

 

そしていつものごとく僕は本せどりを押していきますね。

だっておそらく本が出品できなくなることはほぼほぼない。

そのうち中古を出品するのに古物商許可証が必要になるかもしれませんがね。

だけど、古物商なんて申請すれば取れるし。

それ以上は規制がかかることはないと思います。

 

やってれば稼げるし、

効率化していけば1人でも稼ぎつつ時間も取れるし。

何よりストレスがかからない。

 

文句言われても単価安いから返金でOKだし。

家電じゃそうはいかないですよね。

 

結局出品申請に躍起になって時間使うくらいなら
今出品できるもので稼げばいいんじゃねと。

だって本せどりをやってれば
1時間で5000円くらい稼げるのにさ

もし出品許可申請で3日とか時間使っちゃったら
いったいいくらの利益が出せたんだって話ですよね。

 

そろそろまとめに入りたいのだが、
着地点を見失ってるぞww

 

まぁせどりはどっちかっていうと、

「お金を稼ぐ」っていうことが重要になるんだから

そのためになにが必要かを考えて
それ以外は出来るだけやらないようにしましょうね。

なんとなくまとまった?ww

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント