Amacodeの必要性や評判について!せどりすとと比較して使いやすい?

どうも、としです^^

なんか仕入れの新しいツールで
新しいのが出たらしいですね。

ん?遅いって?

まぁまぁあまりそこらへんは気にしない方向で。

それがAmacodeなるものなんですが、

なんか一時期メールきてたなーって思うんですよね。

あれってアフィリ報酬いくらだったんだろ?

高いって話を聞いたんですが。
そんなんはどうでもいいんですがねww

しかし気になったとしは調べてみました!

1300円だって。

無料オファーで1300円だって。

便乗してリンク貼っとく?
いや、いいか。

ではではそんなことはさておき
Amacodeの必要性とかについてまとめていきたいと思います。

Amacodeって使えるのか?

まず最初にこれですよね。

「Amacodeって使えんの?」

「どうせ無料なやつでしょ?」

というやつですね。

前評判はかなりいいですね。

「そりゃあ1件成約で1300円だから悪いこと書かないよね」

というちょっと天邪鬼みたいなことを思ってるんですが。

一応僕もインストールしてさらっと使ってみたんですよね。

あれ?意外といいんじゃね?

最初にちゃんと設定やっとけばある程度商品絞れるし、

左下にモノレートの波形もでてるし

あと、広告がないのがいいね。

検索スピードもMWS-APIってやつを設定すると早くなるらしい。

バーコードの読み取りスピードもそんなに悪くない。

確かにみんながこれはいいですよ!
っていうのが若干わかるのはわかる。

これからもし家電とかを始めるには
使ってもいいんじゃないかなと思いますね。

せどりすととどっちがいい?

まぁそんな感じなんですが、
結局せどりすととどっちがいいの?

という話でもしましょうか。

おそらく今まで家電などをやっていた人って
ほぼほぼせどりすととかを使用していたと思うんですよね。

あとは有料のやつ。

それと比べるとどうかというと・・・

『どっちでもいいんじゃない?』

というのが僕の感想。

今まで使っていたせどりすとが使いやすいなら
せどりすとを使ってもいいし、

これからやろうと思う人には
広告がない分Amacodeでいいんじゃないかな

という感じですね。

でも結局関係ねぇかww

いろいろせどりすとやら
Amacodeやらについて書いたんですが、

・・・( ´Д`)y━・~~

まぁ使わないわな。

「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!」

とよしおばりに言おうかなww
(古いな。)

というのも僕は家電せどりは
やるべきじゃないと思っていますからね。

だって資金ある人に勝てないし。

うまくやればそれなりに稼げるんだろうけど、

でもそのためにはきっとバーコードリーダとかって
必須になりますよね。

よく家電は初期資金が0から始められるからと言いますが、
バーコードリーダー買うなら変わらないだろうと思いますね。

手打ちでもできないことはないが、
時間が3倍くらいかかるし

何よりも疲れる。

でっ、結局バーコードリーダーを買う。

「それなら本のほうが確実じゃね?」

とか思ってしまうんですよね。

例えばプラスアルファでやる分にはいいと思います。

本で月に30万くらいを稼ぎつつ
ちょっと出かけたついでに家電を仕入れるとか。

これはすごいいいなーって思うんですよね。

Amacodeについて書こうと思っていたんですが、
少し話がずれてきたんでそろそろまとめていきますね。

Amacode自体はいいツールであることは間違いない!

でもせどりすとと比較しても別に遜色ない。

アフィリ報酬が高いから
こぞって紹介しているんだろうという感じ。

でっ、結局自分には関係ないってことねww

ではでは今回の話はそんな感じでした^^

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント