仕事が覚えれられないのは自分の能力が低い?できない原因は何?

どうも、としです^^

 

最近時間の流れがめちゃくちゃ早くてびっくりします^^;

 

ばたばたやっていて

気づいたらもうそろそろ4月終わっちゃうのね。

 

この時期思い出すのが

「仕事が覚えられない!」

って悩んでたなーという苦い記憶。

 

今考えれば、

1ヶ月で出来るようになったら苦労しないわ!

っていう感じなんですが、

そんなことを考えている余裕はなかったです。

 

ということで今日は

「仕事ができない」「仕事が覚えられない」

という悩みについて話していこうかと思います。

根本的に高望みし過ぎな気がする

こういう感じで悩む人って

たいてい完璧を目指してるんですよね。

 

なんで僕が思うに、

仕事ができてないんじゃなくて

単なる理想が高すぎるだけ。

 

これって自分で教える立場になるとすごいわかります。

 

何かを教えた時に

教える側からすると全く問題なく進んでるんだけど、

教えてもらう側からするとできてなくて焦る。

 

というのもこれって

やってる側が今どのくらい
できているのかがわからないから。

 

うーん、上手く言い表せないな。

 

スポーツとかですごいうまい人がいたとして

その人は自分から見て確かにうまいんだけど、

どのくらいうまいかはわからないんですよ。

 

だけど、その上手い人から見れば

そこにたどり着いてない人が
どのくらい自分と差があるかわかるんです。

 

仕事もこれと一緒で

上司から見れば

「今の段階ならこれくらいだろう」

というレベルで働いていたとしても

 

自分ではどのくらいの段階にいるかわからないから

「なぜ自分は仕事ができないんだろう」

と悩んでしまうんですよね。

 

なんで意外とこの

「仕事ができない」という悩みは

自分が勝手に思い込んでるだけの場合が多いというね。

 

だけどたまにこんなことを言う人がいるらしい。

「なぜお前はできないんだ!」は違うだろう

直接この言葉を言われている人がいるのかどうかは僕はわからないんですが、

 

事実でこう言われて悩んでいるという人がいるんだから

「なぜお前はできないんだ!」という人がいるのだろう。

 

でも僕はこれって「違くね?」と思ってしまうんですよ。

 

というのも、

できないんじゃなくて

できるようにしてもらってないだけ。

 

なんかこんなこと言うと

「まったくゆとり世代だな」みたいに思われそうですが、

やっぱり僕はそう思ってしまします。

出来るようにする体制が必要

できないのには、できない理由があると思うんですよ。

その仕事によってまちまちだとは思うですが、

 

覚えることがあまりにも多いとか

やっている内容が複雑とか

単に慣れないとできないこととか

めちゃくちゃ難しいことをやっているとか。

 

どんな理由であっても、

同じようにできない仕事を

人に任せるってのはいかんわけですよ。

 

だってこれ極論を言ってしまえば

「来月からサッカー選手になれ」

って言っているのとなんも変わらんわけです。

 

最初なんて仕事のことなんか一切わからないんですから、

それをできるようにする仕組みを作るのが必要なんですよ。

 

でっ、

それが整っている会社って僕の知っている限り皆無。

 

中小だと最近はちゃんと指導の仕組みが整っているところもあるようだけど、

やっぱりそういうところはかなり業績伸ばしているわけです。

出来るようになる仕組みとは?

この指導の仕組みって、

会社ではほとんどできてないけど

 

こういうネットビジネスとかの業界では

かなり出来上がってるんですよ。

 

直接的にお金に直結するんで、

指導する方も必死になりますからね。

結果出さなきゃいけないですかね。

 

まぁ大部分が詐欺と言われているみたいですが、

詐欺というよりも誇大広告というのが正しい気がするんですよね。

 

高額塾系はほとんど詐欺みたいですが・・・

(この話は長くなるんでやめとくとして)

 

しかしどうにかして稼がせるべく

動画を駆使したり、かなり細かいマニュアルを作ったり

試行錯誤してるわけです。

 

でっ、

企業でもこのくらいやるべきだと僕は思うんです。

 

昔だったら動画を作ったところで、

それを見る術ってのが少なかったから

そこまで作ることによって得られるものが少なかったけど。

 

今はスマホを持っていて

みんなそれで動画を見たりしていますよね。

 

それでマニュアルが見れるようにしておけば

かなり効率いいわけですよ。

 

というか新入社員1人1人に

マニュアルが全部入ったタブレット端末を

入社時に渡したっていいと思うんですよね。

 

Dropbox使ってもいいと思うし。

 

メモを取るのが社会人の常識っていうけど、

正直いらんと僕は思っているんですよね。

 

だってメモを取らなきゃいけないくらいの内容なら

先に印刷でもして渡してあげればいいと思うんです。

 

あっ、でもメモをすること自体はいいことですよ。

 

聞いただけの情報って頭で理解するのはかなり難しいので

それを紙に書いて視覚化すると情報がまとまって

理解しやすくなりますからね。

 

こんな理由で実はメモって書いた時点で

9割がたその役割を果たしているというね。

 

ずいぶん長くなってしまったんで

そろそろまとめに入っていきますね。

仕事ができないのまとめ

仕事ができないとか仕事が覚えられないという

悩みは意外と自分が思っているだけで

 

ちゃんとわかっている人から見たら

問題なくできているというのがほとんどです。

 

なんで最初なんてできないのが当たり前なので

そんなに気にすることはないです!

 

まぁしかし世の中には

「なんでこんなこともできないんだ!」

という言葉を発する人がいることも事実。

 

だけどこれって根本的に間違っています。

 

だって仕事が出来ないというのは

その人ができないわけではなくて、

 

『仕事ができるようになるまでの環境が整っていないだけ』

 

だからあまり考えなくていいんではないかと僕は思っています。

 

 

とは言っても、まだ会社のほとんどが

仕事ができるようになる環境を整えるよりも

どうにか頑張って仕事ができるようになる

というのが多いのも事実ですよね。

 

徐々には前者に移り変わっていくのだろうけど、

それまでには結構時間がかかりそうですよね。

 

前者の形をとっている中小企業に転職、

自分でその形をとる中小企業を起業、

はたまた個人で独立

 

今だからこそこうやって色々な道が選べるのかなと思います。

 

確かに大企業で働いているってすごいことだと思うんですが、

それだけではなくて他のことにも目を向けてみると

意外と面白いことが広がっていたりします。

 

仕事ができない!って悩むだけじゃなくて

仕事ができない理由を考えて

新たな道に進むというのも一つの考えだと僕は思います。

 

まぁなんかかなりまとまりのない話でしたが

仕事ができないという悩みを持った人が少しでも楽になればなと思い書きました。

 

ではとしでした^^

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント