「寝すぎで疲れる」は幻想、働き過ぎの日本人

よく寝たのに疲れる。
こんなことありますよね。

まぁ今日はそんな労働と睡眠の話。

 

僕が会社で働いていた時の口癖は
「つかれたー」です。

社会人になってよく聞くようになった言葉は
「疲れた」ですね。

 

日本人て疲れてるんだなーってつくづく思います。

 

なんか毎回そんなことを言っていると
「本当に疲れてんの?」ってなりますが

医学的に言っても日本人は慢性的に疲れているらしいですね。

 

よく働く日本人・・・

こういうと聞こえはいいですが。

まぁそれはひとまず置いといて

 

あなたは疲れた時に何をするのが一番休まりますか?

お風呂?

食事?

僕はやっぱり『睡眠』にかぎるなと思っています。

お風呂もそうですが、やっぱり睡眠。

 

一番いいのはゆっくりお風呂に入って

「はぁー(´∀`)」ってなったあとに

「ばふっ」とお布団にダイブすることです。

 

多分たくさんの人が思っているように
睡眠って一番体の疲れが取れる手段です。

頭にも体にも睡眠は最適ですよね。
でもこんなことを聞いたことないですか?

「昨日あまりにも寝すぎて逆に疲れたよ・・・」

みたいなこと。

 

僕も経験したことがあるのですが
なんかいっぱい寝たのに逆に疲れたなって・・・

 

睡眠が疲れをとるのに最適な手段なのに
どうして逆に疲れるんだろうと思ったことがあるんです。

まぁその時は「そんな時もあるか」と
別に気にも留めなかったんですが

 

この前こんな記事を読んで衝撃を受けました。

 

『睡眠をとることで体が逆に疲れてしまうのは
睡眠をとることで体が正常に戻り疲れを認識するようになったから』

 

・・・えっ!

 

要するに

慢性的に疲れている日本人は
疲れているのが当たり前になってしまっている。

だからいつもは疲れを感じないでいるけど、

睡眠を取って脳と体が正常になると
今までの疲れが一気におそってくるということですね。

 

これって結構やばいと思いませんか?

 

人間にとってもっとも重要な感覚ってなんだか知っています?

 

痛覚なんですよ。

よく「痛みなんてなくなればいいのに」って
思うことあると思うんですけど

それって一番怖いことで

 

痛みがなくなってしまうと、

人間死ぬまでどうなってても気づかないんですよ。

怪我しても気づかないで
そのままにして大変なことになっちゃうとか。

 

これと一緒で疲れを感じることができないということは
倒れるまで働いてしまうってことですね。

 

これどう思いますか?

「こんなに働く日本人はえらい!」
って思いますか?

 

僕はそうは思いません。

 

確かにこのくらいやらなければいけない時ってあると思います。

倒れるはダメですけどね。

 

でも毎日毎日はこんなに働く必要ないと僕は思います。

「いやいや日本人は働きすぎだから」

って僕は思ってしまうんです。

 

労働行政で過労死ラインって80時間になっているんですけど
このくらい働いている人ってかなりいますよね。

 

僕の友人も毎月100時間くらい残業をしているらしいですが
「俺先月、残業100時間超えちゃったよー」
なんて笑っていました。

 

んー・・・

 

慣れって怖いなとつくづく思います。

 

先に言っておきたいのが僕は仕事の時間は長くてもいいが
短いなら短い方が絶対にいいと思っています。

生産的な活動を10時間できるなら10時間働いてもいいと思いますが
よくわからない作業のために残業するのは意味がないと思いっています。

 

ということで一言

 

「過労死ライン超えて働いているのになんで笑っているの?
死ぬんだよ?なんのために働くの?生活するお金を稼ぐためでしょ!?
それじゃ死ぬために仕事しているのと変わんないけど」

 

この言葉が届いてくれる人がどのくらいいるかわからないけど
1人でも「あっ・・」って思ってくれれば嬉しいです。

 

なんか日本人って働くことが美徳みたいになってますよね。

生産的な活動をしているなら
働くことが幸せとか充実に結びつくんでいいんですが。

 

でも生産的な活動ってあまりないんですよね。

ほとんどが生活費を稼ぐっていうのが目的ですよね。

それならもっと効率化して
労働時間を減らせばいいんじゃないかって思ってしまいます。

 

よく労働環境がいい国としてあげられるのが
ドイツなんですが。

日本と比べてみると

労働時間→半分
生産性 →2倍

みたいな感じらしいですね。

 

ドイツは休みっていうのは神聖なものらしいで

だから休みと仕事のメリハリがついて
自然と労働効率が上がってくるのだと思います。

 

じゃあ日本は

休む=申し訳ないこと
仕事=えらいこと

休日中でも家で仕事をしている人もいますよね。
それがえらいと思っている人もいますよね。

まぁこんなんだから
仕事は辛いことみたいになってしまうんですよね。

僕はこんな働き方を変えたいと思っています。

 

それでどっちがいいですかって話です。

たくさん働いて休みを返上して働くことでえらいと思われ
給料は生活をするくらいを稼ぐ生き方。

仕事は仕事、休みは休みとして
仕事もプライベートも充実する生き方。

 

僕はどう考えても後者です。

だからこうやってビジネスをやっています。

 

僕はビジネスっていうものに出会えて本当にラッキーだったなと思います。

だって後者がよくたって会社で働くしかお金を稼ぐ術を知らなければ
結局会社で働いて給料をもらって生きていくしかないから。

 

会社はたくさん働けばいいと思っている人が多いけど
それはただカラダを酷使しているだけです。

長い時間働くことがいいことと思っている人が多過ぎる!

 

それって自分の命を安売りしているのと同じなんですよ。

これって悲しくないですか・・・

仕事以外にもっともっとやりたいことはたくさんあると思います。

だけど自分の時間をあまりにも安く売っているから
本当にやりたいことに人生を使えない。

あなたはもっと価値のある人間だから!

ちゃんとそれを分かってほしいです。

 

これから働き方は絶対に変わっていきます。

なぜそんなことが言い切れるかというと
僕のような考えの人がいるからです。

まだまだ僕はそこまで影響力は強くありません。

だけどインターネットの発達によって
個人でも影響力を持つことができるようになりました。

そうやって個人からの発信が多くの人に伝わるんです。

 

これからは必ず新しい働き方をする人が増えます。

個人でビジネスを行い稼ぐ人が増えます。

 

僕が思うのは
それに適応していかなければいけないなということです。

 

結局知ったところでやらなければ意味がない。

だいたい知って行動に移すのが10人に1人と言われますね。

ほとんどの人は
今までの過去の常識にとらわれて行動をしません。

 

僕は今回かなり厳しいことを言っていると思います。
「ふざけるな」と思った人もいるかもしれません。

でもどうしてこんなことを言うか
それは「行動してほしい」からです。

行動して人生を変えてほしいと思うからです。

 

もし今日の話を聞いて
「自分も行動して人生幸せになりたい」
と思ってもらえれば嬉しいです。

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント