成功法則とは本当にあるのだろうか?

どうも、としです。

今日は成功法則についての話になります。

 

自己啓発系の本ってたくさん書店に並んでいますね。

そんな本を手にとって読んでみると、
本当にたくさんの成功法則があるなという印象を受けます。

 

自己啓発系の本は自分をポジティブにしてくれるので好きなのですが。

読んでいるうちに、
ほとんどが同じ方向を向いているんだなと気づきました。

 

やり方は違えど、最も多いのが
『目標を紙に書く』という習慣だと思います。

目標を明確にして可視化しなさいということですね。

 

紙だろうが、

iphoneだろうが、

ホワイトボードだろうが、

別になんでもいいと思うのですが。

 

僕はiphoneの壁紙を目標を書いた紙にする
というのをオススメしています。

 

実際に僕は紙にも書いたし、iphoneにも書いたし、壁紙にもしたし、

今は家の壁にあるホワイトボードにも書いてあります。

 

そうするとやっぱり意識する回数が格段に増えますね。

 

嘘ではなく
それをやってから自分が成長しているのがわかります。

 

どうして目標を書くだけでそんなことが起きるのかというと・・・

 

これには『潜在意識』と『顕在意識』というものが関わっています。

 

頭で考えているのが顕在意識

無意識中に使うのが潜在意識

 

なんだか複雑に聞こえますね。

しかし特に難しいことはなく
何かをやるときに無意識にでもできることがあると思うのですが

それが潜在意識によるものです。

 

だいたい人間の意識の90%は
潜在意識によるものと言われています。

 

時間にすると15時間以上も潜在意識で活動しています。

確かに頭で考えながら
行動するのは疲れますよね。

しかし慣れてしまえば無意識でもできますもんね。

 

これが実はとても重要なことになります。

【慣れてしまえば無意識でもできる】

 

「慣れ」習慣になるということですね、

朝起きて、ご飯を食べて、支度をして、出勤をする。

 

あまり考えずにできますよね。

それと同じです。

 

目標を紙に書くというのは
それ自体の行動に意味があるわけではなく

目標を可視化し、常に見続けることで

自分の目標が潜在意識レベルまで落とし込むことができる。

 

そうすることで
自分の目標のために行動をします。

 

こんな言葉があります。

 

「思考が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人生が変わる」

 

自分の中で目標が潜在意識レベルになると
行動が変わってきます。

 

例えば100万円稼ぎたいという目標ならば

常に「100万円稼ぐためにはどうすればいいか」ということを
無意識のレベルで考えることができます。

そうすると日常のどんなことからでも100万円を稼ぐ方法を見つけることができます。

そうやって行動が変わっていき、自分の中で今までと明らかに習慣が変わる

そして最後には人生が変わり、成功(幸せ)になることができます。

 

ここまで目標を紙に書くについて話してきましたが。

結局のところ、それだけでは全く意味がなく

「どうして紙に目標を書くことがいいのか」ということを
自分の中で明確にしていかなければいけません。

 

僕は成功法則を

『成功するための法則』ではなく
『その人が成功した法則』という哲学を持っています。

成功法則はただ単にやればいいというわけではありません。

 

本を読んで「こんな成功法則があるんだ」
と思うのはとてもいいことです。

ポジティブにもなれるし、なんとなく自分も成功できそうな気がします。

しかしそれだけではなく
どうしてそれが成功法則なのかということを考えて

その上で自分の成功法則を見つけてください。

 

それでは今日は成功法則についての話でした^^

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント