仕事を辞めたいと悩み、うつになった。だからこそ僕が伝えたいこと

どうも、としです。

悩みました。

この内容を公開記事で書くべきか・・・

僕にとってあまり知られたくない内容だし
反論も多数出てきてしまう。

今日ふと考えていたんです。

 

「僕は誰に何を伝えたいんだろう・・・」

 

一般の人向けに言葉を選んで
どこのコンテンツでも手に入る内容を伝えたいのか?

 

違う!

僕は自分があの時、仕事で悩み、辛くて
うつになってしまった。

僕と同じように悩んでいる人に
生き方なんていくらでもあるんだから
もっと人生楽しもうよって伝えたいんだ!

 

今から書く内容は

僕の本音です。
おそらく反論も多数あると思う。

 

そういう人は僕の話を聞かなければいい。

 

でももし少しでも僕の事をいいなって思ってくれるなら
僕はあなたの手助けになりたい。

だからこのブログに残って色々な話を聞いてほしいと思います。

 

正直反論はとても嫌です。

一度きつい反論をされ僕はブログを情報発信なんかやめようと思いました。

 

でも自分と同じような人を救いたい・・・

その思いでまた情報発信を始めました。

 

でも深層心理に恐怖が植えつけられてしまい
本音といいながらも自分が本当に言いたいことが言えていなかった。

大多数の人に共感してもらえるように記事を書いていた。

 

違うんだよ。。。

反論なんか怖がらず僕は本当に伝えたい人に向けて
僕は言葉を発していきたいと思います。

 

今日僕は、あなたに本当の自分を知ってもらいたいのでこの記事を書きます。

 

 

僕は仕事を辞めたかった・・・

病院という職場で国家資格を持った医療従事者として働いていた

周りの人から見ればうらやましい限りだったと思う。

有名病院で働き

国家資格を持っている

「将来安泰だね」と友達に何度も言われました。

確かに入社当初は自分でもそう思っていました。

 

僕の働いていた病院は日本でもかなり有名な病院です。

コメディカルにもハイレベルな技術・知識が要求され
やりがいはかなりある職場でした。

 

入社して約1年間、

僕は「早く仕事覚えなければ!」と必死に働きました。

そのかいあって僕は上司からの信頼され
半年も経つ頃には多くの仕事を任されるようになりました。

認められた。

僕はそう思っていました。

 

しかし僕の中でこの頃から
「仕事を辞めたい」という気持ちが出てきました。

 

側から見れば順風万番

しかし僕はもう仕事が嫌で嫌でしょうがなかったんです。

 

それは上司のたった一言が原因です。

他の人が聞けば、社会人にとって当たり前だろうと思うかもしれない一言です。

しかし僕にとってはその言葉がどうしても辛いものでした。

 

ある新しい仕事を任されて数ヶ月経った頃です。

その仕事は他の病院で学ぼうと思えば早くとも半年以上
普通は1年ほどかけて自分のものにしていく仕事です。

僕は昔からよく言えば負けず嫌い、
悪く言えば完璧主義という性格です。

 

今でこそ完璧主義が悪の根源だという事を学びなくなってきていますが

その時は「完璧にできることが偉い」と思っていました。

できなければいけない
できない自分はダメと毎日自己否定を繰り返していました。

 

新しい仕事を始めて数ヶ月

死に物狂いで仕事を覚え、
どうにか自分の中でまともになってきたかと思いました。

毎日自己否定を続けていた僕でしたが
ようやく自分の事を認められるかと思った矢先

僕は上司からある一言を言われたのです。

 

「実はお前を仕事から外そうかと話が出ている」

 

僕の頭の中は真っ白になりました。

この仕事は僕ともう1人が並行して仕事を覚えていました。

そこで1人を育て上げるために
僕を仕事から外すという案が出ていたそうです。

 

結局何も見てもらない

何をやっても認めらられない

 

そして思ったことが
『自分はダメな人間なんだ』ということ。

 

僕にとって人に認められるということは
他の人が思っているよりも重要なことでした。

認められないならやる意味ないし
どうせダメならやりたくもない。

自分の価値を他人の評価からしか
確認することができなかったんです。

 

その日から僕は

自分はここにいてはいけないんだと思うようになりました。

僕は仕事にやりがいも楽しさも
一切何も感じることができませんでした。

 

しかし仕事自体はやらなければいけないと自分に言い聞かせ
どうにか気持ちを押し殺しながら仕事をしていました。

 

毎日自己嫌悪を繰り返します。

 

もうどうしようもなくなった時、
ある転機が僕に訪れました。

僕は今のままではいけないとある方に会いに行きました。

この方は僕の命の恩人です。

 

その方に僕の今の状況を相談しました。

不思議です。
今まであれだけ悩んでいた気持ちが

すーっと晴れていくのがわかりました。

久しぶりに僕は笑いました。

笑いながら泣きました。

ありがとうございますと・・・

 

僕はまた新たな気持ちに切り替え
一から学ぶつもりで仕事に取り組みました。

今まで以上にたくさんの仕事を覚えました。

後輩への仕事を指導する立場にもなりました。

大勢の医者の前で発表もやりました。

 

 

一度消えかけた僕の気持ちが
ある方のおかげでまた灯ったんです。

しかし長くは続きませんでした。

それから約1年過ぎた頃から僕の心はまたダメになっていきました。

 

上司と後輩ってこんななんだって

仕事ができる人は何をやってもいいんだって

認められることってないんだなって

できる人から見れば、できることが当たり前なんだって

見ていることは上っ面で、
いくら頑張ったって上手くそれを見せなきゃいけないんだって

 

影の努力は無駄なんです。

頑張っていると思わせることが重要です。

 

社会ってこんなもんなんだなって僕は思いました。

そんな時に僕はビジネスと出会ったんです。

自分の頑張りが認められる世界。

やればできるし、やらなければできない世界。

 

僕はそんなビジネスに心を奪われました。

仕事を辞めたいと思っていても
辞められない状況の中でビジネスは救いでした。

しかしそんな甘いものではありませんでした。

仕事の合間を見て必死にビジネスをやりました。
しかし3ヶ月で稼いだ金額は34円・・・

 

何をやっても上手くいかない

これかもずっと仕事をしなければいけない

「やらなきゃ、やらなきゃ・・・
頑張らなきゃ、頑張らなきゃ・・・」

僕は毎日そんな気持ちで仕事に行っていました。

 

2015年の夏、僕はうつ病になりました。

夜、寝れない日が続いていました。

眠ると明日が来る。
そうなると仕事に行かなければいけない。

そう思うと眠れません。

ある朝、仕事の用意をし
玄関から外に出ようとした時

僕の足は動かなくなりました。

 

その日を境に僕は仕事にいけなくなりました。

 

仕事に行けない

お金が稼げない

自分はダメだ・・・

正直死のうとまで思っていました。

 

しかしある1通のメールが僕の人生を変えました。

うつ病になって死にたいとまで思っていた自分が
どうしてそのメールを開いたのかも

どうしてそのメールを信じて登録したのかもわかりません。

だけど僕はそこでせどりに出会い人生を変えました。

 

あの時メールを見ていなかったら

あそこで行動していなかったら

あの本が利益が出なかったら

・・・

 

たった一つの何かが人生を大きく変えることがあります。

それをつかめるかはわかりません。

僕は運が良かったんだと思います。
そうでなければ今僕はどうなっていたかわかりません。

 

ビジネスは楽しいと思います。

でも決して簡単ではないとも思います。

だけど今あなたが辛い状況ならば
絶対にビジネスをやってほしいと思います。

 

仕事を辞めたいと悩んでいたり

うつ病のようになってしまっている人が

『行動する』というのは並大抵のものではないことはわかります。

 

自分も同じだったから・・・

行動したくないならしなくていい
でもそれでは何も変わらない。

変わりたいなら行動しなければいけない。

「頭ではわかっているけど・・・」
そんなことを言っていたってしょうがない。

 

甘いことは言いません。

それじゃ人間変わらないから。

僕はあなたに変わってほしいから伝えます。

もしあなたが今の状況から変わりたいと思うなら
行動をしてください。

僕はそれを見ています。

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント