本せどりは2018年どうなっているのか?今だに稼げるのか?

どうも、としです。

前回はまったくせどりと関係のない話だったので、今回はせどりの話でもしようかなと。

でっ、ちょくちょく色々な方から質問をもらってはいたのですが、返せずに申し訳ない^^;

 

ここで紹介しつつ回答していこうかなと思います。

 

と言っても一気に話をすると情報過多になってしまって、

「結局なんなん?」

という感じになりそうなので1つずつ話していきますね。

 

今日の話は『本せどりっていまだに稼げるの?』という問題から。

随分前にAmazonが手数料値上げをしていて、その後どうなったかという話をしていきますね。

Amazon値上げについてさらっと

Amazonって今までもかなりの手数料をかっさらっていっていたんですが、さらに追い討ちをかけるべく手数料の値上げをしました。

まぁ日本の税金制度と一緒ですね。

 

だいたい概算としては本の場合は1商品あたり80〜100円手数料を多く取られることになったんですね。

そういえばFBAも同じくらい上がったんですよね。

こっちも確か同じくらいだったかな。

 

本せどりって仕入れる商品によるんですが、かなり低リスクで行える単C棚だとだいたい1商品あたり100〜150円くらいの利益というのが一般的なんですね。

これでもだいたい投資利回りと考えると70%とかだし、利益率って考えると30%前後になるのでせどりとしてはめちゃくちゃいい利益率なんですね。

 

なのですが、ここから100円手数料多くとられる。

結果として利益0円になる。

というのが単純計算だったわけです。

結果どうなった?

じゃあ結局どうなったかというと、Amazonの本の相場がすごい上がっていますね。

手数料値上げ前っていわゆる1円本、送料込み258円という本が乱立していたんですが、今ほとんどないですよね。

 

だいたい安くても350円前後というのが最安値になっているんですよね。

 

その差…

約100円

 

ということで結局手数料が上がった分、Amazonの本の相場も上がっています。

僕もAmazonで本をよく買うのですが、以前に比べると確かに高くなっている感じはしますね。

 

ブックオフに週3以上通っているのに、自分の本はAmazonで買うというねww

本せどりは稼げるのか?

でっ、こう見たときに

「じゃあこれからも本せどりは稼げるんだ!」

ということを思えますね。

 

しかし問題はそこじゃない。

これなぜかっていうと、全員が一律の値段の値上げの影響っていうのはこうやっていい場所に落ち着くんですね。

今までもそうだった。(らしい)

らしいというのは僕はそのときにまだせどりに参入していないので考えるとそうなります。

 

じゃあ何が問題っていうと同じ条件にならない部分ですよね。

例えば自己配送とFBAの部分とか。

 

僕のところでは今は全くFBAを使わないです。

これFBAは稼げないというわけじゃなくて、僕のところでは使うメリットが一切ないからなんですね。

 

というのもFBAは丸投げできますよーって言う話がありますよね。

確かにAmazonに送ってからは丸投げなんですが、その前の出品やら配送やらの手間がある。

でっ、FBAのみならそれでもいいですが、自己配送やっていてプラスでFBAやるとなると手間が2倍。

しかもやっぱりFBAは手数料が高い。

そう考えると『どちらかのみ』という選択がいいんですよね。

僕は専業でやっているので、どうせほぼ毎日出荷をするのが当たり前です。

なのでFBAは使わないんです。

 

だけど副業でほぼ毎日出荷するって結構大変なんですよね。

数が少ないうちはいけるんですが、多くなってくると意外と大変。

となるとFBAにするしかない。

 

これ人によって状況違いますよね。

でっ、ここが問題なわけです。

 

僕の持論なんですが、

『同じ状況で同じことをやれば同じように稼げる』

だけど同じ状況じゃなければ稼げる金額に差が出るのはしょうがないんですね。

新規参入はしにくい状況かもしれない

でっ、本せどりなんですが今だと新規参入自体は少し難しいのかなと思っています。

というのも同じ状況にならないんですよ。

 

さっきのFBAと自己配送もそうですが、一番の問題は『配送費』の部分なんですね。

本せどりって稼ぎやすいのはやっぱり自己配送なんですね。

家電なんかと比べてどうしても中古商品が主となっているので、そうなると『安ければいい』という層が比率的に多いんですね。

その層を狙うためには手数料の問題で自己配送にする必要がある。

 

だいたい自己配送を使っている場合だと契約してやるのが一般的なんですが、その契約の料金が徐々にく高くなってきている。

でっ、この部分を加味して新規参入の場合だと自己配送では30〜40万くらいならいける部分ですが、60万くらいを狙うのは結構しんどいかなと。

 

FBAの場合だと10万越えくらいを狙うのがちょうどいいのかなと思います。

まぁこれってなんでもそうですよね。

 

適材適所じゃないですが、せどりの場合は特に青天井じゃないんで一番稼ぎやすい金額ってのがあるんですね。

でっ、これを超えてくると収入をちょっと伸ばすだけでもめちゃくちゃ大変。

 

例えば手数料値上げ前でも僕は本せどりで100万円は狙ってはいけないという話をしていたんですね。

というのも60万くらいを狙うのには最適なんですが、100万を狙おうとすると超大変なんです。

60万円稼ぐのに12、3日かかっていたから倍動けば倍稼げるという話じゃなくなってくるんです。

 

 

だから結論としては本せどりは今でも稼げる市場であることには変わりないです。

ただ新規参入をして狙える金額自体は減っているのは確かということですね。

 

ということで今回は本せどりの現在の状況についての話を少しさせてもらいました。

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント