キンコン西野は絵本無料公開で売上はいくら上がった?儲け方がすごい

どうも、としです。

ちょっと話題になっているキングコングの西野さんの絵本

『えんとつ町のプペル』について書こうかなと思います。

 

結構前にこれを知ってはいたんですが、
20万部以上も売れてすげーななんて思っていたんですよ。

でっ思うのが「どんな内容なんだ?」ってことね。

だけど子供用の絵本って意外とするんですよね。

まぁカラーだからしょうがないといえばしょうがないが、
だって1冊2000円だっていうから

買ってまでは見ないよね。

 

しかし今回その絵本を無料公開したというね。

それで売上がアップしたということをブログで報告したという内容のニュースだったんですが、
これって当たり前のことなんですよね。

おっと、前置きが長くなるんで
まとめながら書いていきますね!

無料公開をするということ

まず無料公開するということがどうして売上アップにつながるかということですよね。

西野さんのブログでも言っているように
人間は知っているものにしかお金を出さないということ。

なんでそれにお金を払うかっていうと

お金を払った後に自分に何が返ってくるかを知っているから。

 

例えばラーメン屋さんに行って自動券売機で食券を買いますよね。

あれは食券を買うことでラーメンを食べられるっていう
未来がすでに見えているからやるんですよね。

 

そこらへんの道に

なんか知らんけど券が出てくる機械が置いてあって

その機械にお金を入れるかって話。

 

まぁこれは極端な例だけどこれと同じなんですよね。

 

1000円で美味しいラーメンが食べられる店と

1000円で何か食べられるかもしれない店なら

どっちがいいかって絶対に前者なわけですよね。

 

たまに後者の方がスリルがあるからいいというかもしれないですが、
基本的には前者ですよね。

という感じで人はそのものを知らないとお金を払わないんですよね。

コピーライティングではよくベネフィットを見せろっていうんですが、
それがこれのことですね。

売上アップは必然なのか?

だから結局のところ売上アップは必然なんですよね。

確かに今回においては絵本の内容が全てアップされていたんで
無料でやったら誰も買わんだろと思いますよね。

これには僕も同感でもし無料で出すなら
冒頭のみとかにするのが一般的なんですが、

 

おそらく今回は絵本だから大丈夫だったのかなと思います。

絵本ってターゲットは子供ですよね。

こういう場合は大人の人もいるのかもしれませんが。

でっその絵本を親が子供に見せたいと思った時に
電子媒体か紙媒体のどっちがいいかって話です。

自分で読んでみて内容は満足だった。

だけど子供に見せるのには本で欲しい。

結果として本が売れる。

 

みたいになったのかなと思います

小説とかの場合は文字が主なので、
電子媒体でも僕はいいんですが。

というか電子媒体の方が持ち運びも楽で好きです。

最近はAmazonのオーディブルがめっちゃいいなとか思っています。

でももし絵本なら絶対に紙媒体の方がいいですよね。

というのも絵本では絵が主になるからですね。

内容を知りたいというよりは、
その絵を見て楽しみたいというのが絵本ですもんね。

 

昔の童話が絵本でたくさん売れるのもこれと一緒ですよね。

浦島太郎とか赤ずきんちゃんとか内容は知っているのに
あれだけ絵本が売れるのにはこういう理由がありますよね。

あとはみんな持っているからという日本人思考ね。

ビジネスにおいて無料は必須

だからこそビジネスにおいて無料は必須なわけですよ。

いろいろな場所で試食があったり、
無料で使ってくださいとかありますよね。

あれは一度使ってもらうことによって
認知度が上がると

人間は「みんな知っているからいいもの」って思ったり

本当にいいものならば「使ってみてよかったから」と思って

一定の割合リピートする人がいるんです。

 

だから無料で配っても成り立つわけですね。

よく人がこない飲食店なんかで
「一度食べてもらえればうちの良さがわかる」

みたいなことを言っているところが
テレビとかで放送されていますよね。

 

あれはマジでダメな発想なわけですよ。

食べてみれば分かる!

じゃなくてまずは食べてもらう方法を考えるべきなわけですね。

 

その上で食べてもらって本当によかったら

お客さんはリピートするし
人が来ないなら何かしら改善があるわけです。

今回はすでにかなりの認知度だった絵本ですが、
それでも一定数「高いからいいか」って人がいて

その人たちが見て「欲しい!」って思わせることができたんですね。

ということは絵本はなかなかいいものということですね。

 

若干名前だけで売れているのかということも思ったんですが、
僕も実際見てみて売れるなーって思ったし。

そう思っている人が他にもいるから売上がアップいているんですよね。

 

芸人としてはあまり面白くないという話でしたが、
こっちの方面は才能があったのかもしれないですね。

人生何が当たるか分かりませんね。

 

というか売上いくらだったのかというところから大きく外れてしまった。

Amazon1位ということですよね。

絵本のランキングかと思ったら、本のランキングなのね。

これは1日にハンパない数が売れていますね。

23万部売れて収入が数百万と言われていたそうですが

さすがにそこまではいかないですよね。

 

でも実はあの絵本を公開したところっていうのが、
みればわかるんですが広告があるんですよ。

あの広告っていうのが実は表示されたりクリックされると
お金が入るというシステムになっているというね。

僕自身もよく活用している方法です。

まぁ別にそれに対して僕自身は
逆にいろいろなキャッシュポイントを作るとかすげーなとか思っていますがね。

賛否両論あるようですが、
ビジネス的にはアリだろうという感じですね。

 

ちなみに広告収入ってどのくらいかというと
3人見て1円くらいですね。

1000人見るとだいたい350円前後って感じ。

だからあのアクセスは・・・

まぁそんな感じですね。

最後の方はもし興味あればという感じでした。

こっちの方で詳しく書いています

◆トレンドアフィリをやってみて稼いでみた

知ってるか、知らないかっていう感じですよね。

「こいつ嘘くせーな」と思えばそっと閉じてもらえればいいし

もし面白そうと思えば見てみてくださいね^^

 

ではではいつもよりはちょっとネタを今の感じで書いてみました!

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント