AmazonせどりでFBAを使用する場合に絶対に考えるべき1つのポイント!

どうも、としです。

 

今日は僕がアマゾンにムカついた時の話です。

今まで話していなかったのですが、なんか思い出したら腹たってきたので今日僕はここで鬱憤を晴らしたいと思いますww

 

AmazonでFBAを使っている人なら、必ず通る道だと思います。

僕の経験であなたが「こんなこともあるのか…」と参考になれば、今回の件も救われます。

 

まさかの今頃返品?

アマゾンでせどり(転売)をやっている人ならおそらくほとんどの人が経験するであろう・・・。

 

『返品』

 

自分で配送をしているときは、返品連絡は基本的に自分のところにくるんだけど、アマゾンが発送するFBAを使っている場合は購入者もアマゾンの方に直接連絡をするんですよね。

 

 

確かに顧客対応をしなくてもいいという点ではすごく助かる部分でもあるんだけど、アマゾンさんは「お客様は神様です!」対応ですからね。

 

こんなことが起こるのですよ。

 

ふとある時、僕は自分のAmazonの売り上げ管理画面を見ていてなんだか不思議な感覚になりました。

というのもなんか入金金額がおかしい。

 

「昨日までは20万の入金だったのに、なんで今は17万円になっているんだ?」

 

 

いやね。この時点で薄々は分かっていたんですよ。

でもやっぱり認めたくないじゃないですか。

 

「きっと違う!何かの間違いだ!」と返品処理レポートを見に行きました。

 

そこには『返品』の文字が…。

ある3万円ほどのカメラが返品されていました。

 

 

いいんですよ。何か問題があるなら。

それはこっちの責任なので対応いたします。

 

だけどこれ買われたのいつだと思います?

 

『29日前!!!』

 

ちなみにアマゾンの規約では30日以内なら返品・交換可能となっています。

 

何があったんだろうって思って確認したら

『不良品の返品・製造上のトラブルがある』

 

・・・もう「あー」って感じですよ。

 

 

Amazonに具体的にどんな不具合だったのかを問い合わせてみました。

そうしたら理由は『ボタンの反応が悪い』とのことでした。

 

 

買って約1ヶ月たち、初期不良を訴えていて、その理由がボタンの反応が悪いということ。

そして返品理由としては「ボタンの反応が悪い」とのこと。

 

 

おいおいそんなわけないでしょと。

(カメラ屋さんに持って行ったら何も問題ないということでした)

 

ちなみにしっかり使われていた形跡がありましたね。

アマゾンって購入者にとっては最高?

今回のパターンっておそらく買ってみたが、自分の好みと合わないか使用して必要なくなったから返品したのかという感じですよね。

 

これってAmazonの仕様を理解するといくらでもやれるんですよ。

 

確かに規約上はこう書いてあります。

お客様都合の返品・交換

未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金します。

開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金します。

 

今回の場合なら50%返金になるはずなのですが、まぁ初期不良を訴えているので全額返金になったわけですね。

 

「こんなのいくらでも返金させられるんじゃね?」

 

だって例えばですよ。

今回のカメラもそうですけど、本とかだったら1回読んで自分で間のページ破いて「間のページが破けてありませんでした」みたいなことを言えば販売者に有無を言わさず全額返金ですよね。

 

事実これも1回やられたことあります。

 

いくらでも無料で本が読めますね!

 

 

確かに僕も初期不良で一度電気が壊れていて返品したことがあって、「いやーアマゾン神だわ〜」とか言っていたんですが…。

 

いざ、販売者側に回ってみると、「ふざけるな!!!!」っていうのがかなりあります。

 

 

さすがにそのうち目をつけられるかもしれませんが、無料で新しい家電とかを使いまくれるわけですよ。

 

『買う→使う→29日後に初期不良を訴えて返品→新しい商品を買う』

 

これをやることが可能なわけですよ。

今回はどうなった?

今回の件についてAmazonがどう思っているのかを知りたくAmazonの方に問い合わせてみました。

 

もう商品は返品されて料金も返金されてしまっているからなにをやっても意味はないんですけどね。

 

商品とここまでの過程を話してアマゾン側はどう思っているのか・・・

 

 

返信をそのまま載せます

「ご出品者様の仰せの通りではありますが、FBAでは出荷後の期間にかかわらず購入者様からの
返品依頼を受け付ける場合がございます。」

とのことでした。

 

納得してくれた。

でも納得をした上でなにもできないという回答。

 

アマゾンさんよ…

もう少し販売者にも優しくしておくれよ…。

 

どっちが悪いかはわかっているが自分たちに不都合になることに対しては一切の対応を取らない。

自分たちがいかに良くなるかが重要ということです。

そこでいかに動くかが重要

なんてことを書いていたら意外とスッキリしました。

ということでそこから僕が考えていることを話していきます。

 

まぁ結局数千円の赤字が出てしまったんで、ムカムカはしているんですがね。

 

 

こういうことから僕が思うのはアマゾンで販売するなら、商品を返品されても大丈夫と思える商品のみを販売するということですね。

 

今回の場合というのは新品の3万円のカメラを販売していたことで、その商品で3000円ほどの利益を出していた商品なんですね。

だけどこの商品というのは1度開けてしまった瞬間にアマゾン的には中古になるので、一気に価格が落ちるわけです。

 

まぁ今回の場合は結構使ってあったのでどうやったって中古で再度出品になりました。

 

その結果として5000円ほどの赤字になったわけです。

 

じゃあもしですよ。

今回の商品がもともと中古の商品だったらどうですか?

 

まぁしょうがないかと思いつつ、もう一度出品して利益を出せばいいだけの話なんですよ。

 

ただこれでも商品自体が壊されてしまっていたらと考えると、ちょっと危険はありますよね。

 

 

だから僕は現在は本せどりというものをやっています。

だって本って最悪出品できなくなっても100円とかの赤字で済むわけですよ。

 

もうね。気が楽なんですよ。

 

だってですよ。

家電をやっていた時っていうのは例えばそこまでで5万円の利益が出ていたとしますよ。

だけど仮に6万円の何か商品が壊されて返品されたとしたら、その商品はもう販売できないわけですよね。

 

 

これどうなるって今まで必死に頑張って稼いだ5万円がなくなるどころか、1万円の赤字になっているわけですからね。

 

 

たった1回ですよ。

 

これね。自分は大丈夫と思っていても必ず遭遇します。

僕が以前入っていたせどりの講座の中で家電せどりをやっていた人はもれなく全員返品で痛い目を見ていました。

 

 

アマゾンって確かにすごく便利なんですよね。

人も集まっているし、出品するハードルもめちゃくちゃ低くてかなり楽に参入できるわけです。

 

だけどこういう悪い部分もかなり多くあります。

 

 

それを含めてどう上手に付き合っていくかが重要なのかなと僕は思うんですよね。

 

家電せどりなら確かにFBAを使う場合が多いんです。

だけどFBAを使っている限り返品問題は必ず起きます。

 

それなら「返品かかってこいや!」くらいの気持ちでできる本せどりをやるのが僕は一番いいと思っているんですね。

 

僕自身も本せどりをやることでアマゾンのストレスから解放されました。

 

 

ちょっと鬱憤晴らしに書いていた部分もあるのですが、こうやっていかにそのプラットフォームで上手にやっていくかというのが重要ですね。

 

なんて感じで今日はアマゾンでFBAを使っていると必ず起こる返品問題について話をしました。

 

 

今回のFBAの話を聞いて、少し本せどりに興味が出た人はこちらで現在の状況なんかを話しているので参考にしてみてください。

本せどりの仕入れの現状は?僕の直近の仕入れを公開します!

2017.11.10

 

 

 

======================================

僕は現在安定的に50万円ほどの収入を得ています。

その主な収入源が『本せどり』というものになります。

 

僕は最初にやるビジネスは本せどり以外を選ぶと失敗すると思っています。

 

もし今まで他のビジネスをやってきて失敗してしまったなら、それは当たり前なんです。

 

その理由や僕がなぜ情報発信をしているのかをありのままに書き綴りました。

【僕の信念】なぜ情報発信をする?

ビジネスで稼ぐ2つのプレゼント